摂食障害の早期改善を目指そう|摂食障害としっかり向き合う

doctor

人と食事

girl

過食症や拒食症はとても厄介な摂食障害です。食べ過ぎから太ってしまう事で体調を崩したり、空腹なのにご飯を拒否することで生命維持が難しくなったりするので病気になるととても大変な治療が必要です。

Read More

打ち勝つ治療

girl

摂食障害は、拒食症と過食症の二種類あります。以前では適切な治療は難しかったが、現在では精神面に原因があると判明し、効果的な治療が行われています。周囲の暖かな協力と、なにより患者自身の克服したいという気持ちが大切です。

Read More

摂食障害の女性

girl

若い人に増えているといわれるのが、摂食障害です。この摂食障害とは、自分の体型を気にするあまり食事を取れなくなることです。摂食障害の有効な治療方法としては、病院でのカウンセリング、薬物療法が挙げられます。

Read More

精神的な問題

公的制度も利用できます

girl

ストレスや人間関係の悩みなどから発症することが多い摂食障害は、時に入院治療も必要になる病気です。過度の拒食傾向によって身長に対しての体重が余りにも低すぎる場合には、速やかに治療を開始する必要があります。また、過食傾向の場合にも胃腸障害や血糖値の異常などを呈することがあり、内科的な治療も必要になるのです。摂食障害は、多くの場合精神科や心療内科で扱われる病気となります。摂食障害によって精神科や心療内科に一定期間通院することになった場合には、現在公的制度が利用出来ることがあります。こういった制度を利用すると、適用されている期間は約1割の自己負担で治療を受けることが出来るのです。適用になるか否かは通常担当医の診断によって行なわれます。

背景が知られてきました

摂食障害は、当初体重増加を毛嫌いするダイエット志向の強い女性に多い病気というイメージがありました。その後、徐々に病気の背景にある複雑な要因が明らかになってきたのです。摂食障害が生じてしまう背景には、他人から見た自分のイメージというものが大きく関与しています。一般的に摂食障害に陥る方は、自分を客観的に把握出来ていないことが多く、社会との間に何らかの問題を抱えていることが多いのです。そういった点が、昨今は少しずつ認識されるようになり、摂食障害の受け止め方も以前とは違ってきています。拒食症と過食症との関係も話題にされるようになり、摂食障害は精神医療の専門的なケアが必要という見方が強くなってきた訳です。