摂食障害の早期改善を目指そう|摂食障害としっかり向き合う

摂食障害の女性

効果的な治療方法

girl

最近の女性の傾向として、痩せればきれいになれると考える方が多くいます。そのために、摂食障害の患者数は年々増えているといわれています。そもそも摂食障害とは、自分の体重や体型にこだわるあまり、きちんと食事を食べない症状のことです。摂食障害の患者層は、10代、20代の女性が特に多いです。また、推定発症年齢をみると10代の占める割合多く、若年発症の傾向が現れています。 摂食障害になると、色々な症状が現われます。代表的なものが、次第に体が痩せ細っていくことです。健康状態も悪く、生理も来なくなります。さらに重篤化すると、不安、抑うつ、引きこもりになっえ、自殺や自傷に至るケースもあります。ですから、早期の治療が大事と言えます。

摂食障害の治療は、早期発見・早期治療がとても重要と考えられています。というのも、そのまま放置していると、さらに体に不調をきたして来るからです。最悪の場合は、死に至る恐れもあります。摂食障害の完治には、何年も何十年もかかるケースもあります。しかし、患者や周りでサポートする方が治ることを信じ続ければ、必ず治ります。 摂食障害の具体的な治療方法は、病院の心理カウンセラーによるカウンセリングが有効です。基本的に摂食障害は心の病なので、心にある闇を解決しなければ改善されません。 その他にも、摂食障害による症状を抑えるために薬物療法も行われます。たとえば、体が痩せ続けると、女性の場合、生理がこなくなります。そのため、ホルモン剤の補充治療を受けることになります。また、栄養を補うためにビタミン剤も服用することになります。